スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶

朝は考えるもの

昼は深く考えるもの

夜は疲れて単純なことを覚えるしかできない

って思ってますけど、どーなんでしょ。


人によるよね。


とりあえず今、クレジット現金化の決済額をいくらにするか深く考えてます。
スポンサーサイト

<労災認定>会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署(毎日新聞)

 建設会社の男性会社員が自殺したのは上司からのパワーハラスメント(パワハラ)が原因と、島田労働基準監督署(静岡県島田市)が労災認定していたことが4日、分かった。労災申請していた会社員の妻(30)の代理人の弁護士によると、パワハラによる労災認定は珍しいという。

 自殺したのは、建設会社「大東建託」(東京都港区)藤枝支店で営業を担当していた谷坂聡太郎さん(当時42歳)。妻や弁護士によると、谷坂さんが担当して同社は05年3月、同県焼津市内のマンション建設の請負契約を施主と締結したが、基礎工事などの工事代金が予定より約3000万円超過。「お前が払わないなら関係者全員が解雇される」などと上司2人から谷坂さんが約360万円、2人が200万円ずつを施主に払うとの覚書にサインさせられた。谷坂さんは払えずにうつ病を発症、07年10月に自殺したという。

 遺族側は「一社員が負うべきでない個人負担を強いられ自殺した。業務が原因なのは明らか」と労災認定を求めていた。

 妻は別に同社を相手取り損害賠償を求め提訴。遺族側によると、同社は「支払いを強制しておらず、うつ病の原因も別にある」などと争っているという。

 大東建託は労災認定について「コメントできない」と話している。【山田毅】

【関連ニュース】
労災:顔にやけど「性別で障害認定に差」は違憲…京都地裁
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令
豊川市職員自殺控訴審:パワハラ見て心労…原告側逆転勝訴
三井造船:肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁

「オウム関与」公表適切=長官銃撃のアレフ苦情に―都公安委(時事通信)
「ギザギザハート」熱唱も…地元の新首相(読売新聞)
死亡率抑制「目標は達成」=新型インフル対策で総括―厚労省会議(時事通信)
<殺人>40歳の長男が父親刺す 東京・大田区(毎日新聞)
<インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)

加藤被告に刺され死を覚悟…「仕事や家族、全てのこと考えた」(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第10回】(5)

 《男性検察官は、加藤智大(ともひろ)被告(27)にダガーナイフで背中を刺され、重傷を負った男性証人に事件当時の状況を詳細に尋ねていく。証人は業務研修を受けるため、事件の約1週間前に東京へ単身赴任したばかりで、この日は上京してきた妻、娘とともに秋葉原へ観光で訪れていた》

 《加藤被告が運転するトラックが人をはねながら交差点に突入するのを目撃した証人は、家族とともに走って逃げる途中、背中に衝撃を感じたという》

 証人「何回か(背中に)手を当ててみると、血が噴き出したのを感じ、これはやられたなと思いました」

 検察官「その後、どういう経路で逃げましたか」

 証人「路地に入っていきました」

 検察官「どのようなことを考えましたか」

 証人「このまま走っていたら、出血多量で死ぬかなと思いました」

 検察官「奥様とお嬢さんはどうしていましたか」

 証人「(逃げている途中)娘の姿は見えました」

 検察官「お嬢さんに声はかけたのですか」

 証人「『やられた』と言いました」

 検察官「どこまで逃げたのですか」

 証人「このあたりまで行って、倒れ込みました」

 《男性は、大型モニターに映し出された現場見取り図を指した。男性が逃げ込んだという路地の西側の突き当たりにあたる場所だ》

 検察官「倒れた際、近くに誰か来ましたか」

 証人「家内と娘と…。周りの人も助けてくれました」

 検察官「奥様には何と言いましたか」

 証人「携帯を渡し、『この人たちに連絡してくれ』と言いました」

 検察官「なぜですか」

 証人「万が一のことを考え、その行動に出たのだと思います」

 《証人は万が一のことを想定し、妻へ重要な知人たちへの連絡を託したようだ》

 検察官「死んでしまうかもしれないと思ったのですか」

 証人「はい。血が止まらなかったので…」

 検察官「このとき、痛みはありましたか」

 証人「痛みもありましたし、呼吸も苦しくなっていました」

 検察官「ほかにどんなことを考えましたか」

 証人「いまやっている仕事とか…家族とか…すべてを考えました」

 《遮蔽(しゃへい)措置がとられているため様子をうかがい知ることはできないが、証人は検察官の質問に落ち着いて答えていく。加藤被告は手元のノートにしきりにメモを取っている》

 検察官「娘さんはどうされていたのですか」

 証人「これは後で聞きましたが、携帯で救急車を呼んでいました」

 検察官「奥様は何をされていたのですか」

 証人「血を止めてくれていました。ビニールの袋で傷口をおさえてくれていました」

 検察官「周囲には他の人もいたのですか」

 証人「はい。『頑張れ』とか、『しっかりしろ』とか…みんな助けてくれました」

 検察官「それを聞いてどう思いましたか」

 証人「うれしかったです」

 検察官「病院ではどのような処置を受けましたか」 証人「レントゲンなどを撮って、止血の応急処置をしてもらいました。病院の名前を聞いたとき、助かるかもしれないと思いました」

 検察官「検査などを受ける際に苦労したことはありますか」

 証人「待っている間は痛いですね。…本当に痛かったです」

 検察官「事件当日の夜に手術を受けたのですか」

 証人「はい。ICU(集中治療室)に5日間入り、後は一般病棟です」

 《証人は6月23日に退院し、7月7日から職場へ復帰したという。検察官に「体調が万全になったと思えた時期は?」と尋ねられると、「8月に入ってからです」と答えた》

 検察官「今、傷の状態はどうですか」

 証人「外科的に言う完治状態です。今でもつっぱり感があります」

 検察官「傷がひきつると何か起きますか」

 証人「すべてフラッシュバックします。いま申し上げた内容全部が、です」

 検察官「ほかに事件のことを思いだすことはありますか」

 証人「トラックがそばを通り過ぎたときや、人ごみに入ったときです」

 《ここで検察官は、加藤被告が事件後に被害者へ送った手紙について質問した》

 検察官「被告から手紙が届いたことはありますか」

 証人「来ていたようです」

 検察官「それは、どういうことでしょうか」

 証人「内容を見ていないからです。そのまま警視庁に提出しました」

 検察官「差出人は?」

 証人「弁護士さんだったと思います」

 検察官「中を見たいとは思いませんでしたか」

 証人「見ない方がいいと思いました。こういう公正な場に出る前に予備知識をつけたくなかったからです」

 《最後に検察官は、男性に「いま、事件について思うことはありますか」と尋ねた》

 証人「たくさんの方が亡くなられ、その方々に哀悼の意を示したい。被告には反省してもらいたいと心から思います」

 《さらに、過熱した事件報道についても言及した》

 証人「報道機関の方々には、家族がこういう目に遭ったらと考えていただき、ちゃんと考えて報道をしてもらいたいです。あまり興味本位で報道はしてほしくありません」

 《代わって弁護人が質問に立ち、証人が逃げた経路などについて確認。最後に弁護人が「今後、手紙を読んでいただけることはあるのでしょうか」と尋ねると、証人は「ちゃんと結審したら読ませていただきます」と答えた》

 《ここで証人尋問は終了し、裁判長は約20分間の休廷を告げた》

 =(6)に続く

【関連記事】
加藤被告の両親尋問へ 青森で非公開で実施東京地裁
「ナイフを持っているぞ」 叫び声に足がすくむ証人
「ヤケかと思ったが、殺気を感じ…」事件当時の恐怖語る目撃者
「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子
「いいから逃げろ」刺された被害者は婚約者に叫んだ

[新製品]米Intel、6コアCPU「Core i7-980X Extreme Edition」を発売開始
五輪と両立は無理?タレント候補の是非 田嶋陽子氏×屋山太郎氏(産経新聞)
<ブラック企業>長時間残業強制、低待遇……働かせ方、労働法に違反(毎日新聞)
大麻所持容疑でヒップホップミュージシャン逮捕(産経新聞)
JR防護無線 他線も受信(産経新聞)

室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)

 奈良県宇陀市室生区の室生寺(網代智等(あじろちとう)管長)にある金堂(国宝)で、外陣から内陣の本尊・釈迦如来立像(同)などの仏像群を間近に見られる特別拝観が行われ、参拝者を魅了している。

 平城遷都1300年祭にちなむ企画で8月末まで。

 内陣には本尊のほか、国宝の十一面観音菩薩(ぼさつ)立像や、いずれも重文の薬師如来立像、地蔵菩薩立像、文殊菩薩立像、十二神将像などが安置されている。

 堂内では、仏像群の資料写真と見比べながら鑑賞する人もおり、参拝者は「回廊からの鑑賞とは違い、仏像の表情や衣のひだまではっきり見える」と喜んでいた。同寺では「近くで見てもらう機会はめったにないので、ゆっくりと各仏像を眺め、心を和らげてもらえば」としている。

角膜を親族優先提供 50代夫から妻に 改正移植法で初(産経新聞)
雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
法定相続人の定義など相続の基礎を学ぶ(医療介護CBニュース)
政府、新規採用公務員4割減を決定(産経新聞)
タクシー運転手遺体発見で車内から売上金なくなる、強盗殺人事件とみて捜査/神奈川・平塚(カナロコ)

小沢氏と亀井氏会談 過半数割れなら野党とのパーシャル連合も(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長と国民新党の亀井静香代表が10日夜に都内で会談していたことが11日、分かった。夏の参院選での与党過半数割れを想定し、参院選後に野党と政策ごとに連携する「パーシャル(部分)連合」を模索していく考えで一致した。

 関係者によると、小沢、亀井両氏は「参院選情勢は厳しい」との認識で一致した。亀井氏が参院選で敗北した場合の政権運営について「自民党も参院で過半数を割る時期が長くあった。法案ごとに野党と連携すればいい。いくらでもやり方はある」と進言すると、小沢氏は理解を示し、今後も共同歩調をとる考えを示したという。

 また、亀井氏は民主党支持率下落について「もはや民主党自体の問題になっている。小沢氏や鳩山由紀夫首相が交代しても仕方がない」と述べ、現執行部体制のまま参院選に臨むべきだとの考えを示した。小沢氏も幹事長続投に強い意欲を示したとされる。

 一方、米軍普天間飛行場移設問題について小沢氏は「オレは内閣に任せている」と繰り返し、関与しない考えを示したという。

【関連記事】
「半年で結論は短絡的」 日本の二大政党で小沢氏
民主100人超擁立も 与党過半数厳しく
政権下り坂の参院選は「鬼門」 自民党政権下では首相辞任の事態に
政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明
少子化を止めろ!

日中戦争 憲兵の手紙424通公開(毎日新聞)
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦(時事通信)
80歳男性が運転誤りスーパー突入、店員けが 大阪・中央区(産経新聞)
<虚偽記載>半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か(毎日新聞)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
プロフィール

Author:ElleryBacon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。